その他のポイント

保守契約中古コピー機の購入のポイントはたくさんあります。まず年式をチェックしましょう。これは保守契約にも関係することです。保守契約というのはメーカーが部品を提供してくれることなのですが、これには期間があります。メーカーがその商品を販売しなくなり、7年経てば基本的には保守契約が切れてしまうのです。そのため、年式の古い中古コピー機だと、万が一故障したとしても、部品を取り寄せることができなくなります。そのため、古い中古コピー機には注意しましょう。

カウンター枚数をチェックすることも大切です。これはこれまでに印刷した枚数のことです。これが少ないほど劣化が少なくて新品に近い状態になっているといえるでしょう。逆にカウンター枚数がかなり多い場合には、劣化が激しい可能性があるため注意してください。

また、整備状況についてもチェックしましょう。中古コピー機を構成するそれぞれのパーツがきちんと整備されていなければ、きちんとコピー機は機能しません。しっかりと整備がされており、調整されているならば、新品と変わらない状態で使うことができるでしょう。

これらの点について確認しておき、良い業者を選ぶことができれば、中古コピー機の購入で失敗しないでしょう。

Pocket

Published by 管理者